下っぱ億万長者の二次元語り

訳あり家庭から億万長者の仲間入りができた理由ともいえる二次元のお話

『幽々白書』全巻下っぱ億万長者のおすすめ漫画

人生初、全巻揃えた漫画です

 

と言っても、家から徒歩40分以上ある古本屋さんで揃えていました(本屋はもっと遠かったのと定価では買えなかった)

 

漫画好きになったきっかけのタイトル

 

 

何が面白いかっていうと、小学生の時に出会った漫画(アニメもやってました)なので、その頃は戦いに知能戦もあることに衝撃を受けたり、敵であるキャラの魅力に夢中になりました

 

絵的にまだ怖くなって、しゅばっと飛ばすところもあったけども、歳を重ねるとこれまた違った解釈で読める漫画

 

昔は、最後の終わり方にずっこけていたのに、成人すると何とも平和な後腐れのない完結だろうと思うようになった

 

そして更に子持ちになると、こんな結末だからこそ我が子にも読ませたいと思えます、はい

 

そして幼いながらにお金持ち=悪、みたいな図式が少なからずできあがった漫画でした

 

左京はなんか壊れてるし、その周りも情のかけらもないような

 

お金より正義?が圧倒的な勝者のような

 

それが、後に父の働いていた会社が倒産するわ、生活水準は落とさないと言って内側は悲惨な生活になっていく中の心の支えでした

 

正しいことをして勝つぞ

 

と、泣きながら漫画を抱えて…

 

 

はいないんだけれども(゜o゜)

 

 

家からお金がどんどんなくなっていき、不況だなんじゃのニュースで賑わっていた思春期

 

きっと左京みたいな人が倒されたんだと思いながら、せめて大人になった時の知能戦で勝てるようにと沢山本を読むことにしました

 

大人に本を読めと言われても、聞き流していた子供が自発的に本を読むんですよ?!!

 

すごいわ〜幽白

 

ワンピースほどの長編ではないので、若い子、読んだことない人におすすめです

 

 

 

幽・遊・白書 全19巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
 

当時、買い揃えたのが↑

 

 

↑今、貼り付けしてたら一緒に出てきたこちら

 

完全版は漫画喫茶で昔読んだけれど、文庫は知らなかったから今から購入検討します(*´∀`)